2016年05月23日

心を癒す言葉の花束 第七章〜希望〜

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです

今日も素晴らしい一日をお過ごしください


【自分を待っている仕事や愛する人間にたいする責任を自覚した人間は
生きることから降りられない】

                         ヴィクトール・E・フランクル


ユダヤ人精神科医で心理学者であったフランクルは、第二次世界大戦中
アウシュビッツ他4つの強制収容所で過酷な体験があります。
   ≀
  (中略)
   ≀
当時の悲惨な状況の中で、いかに希望を保っていたのか、フランクルは
ニーチェの言葉を引用して語ります。
「・・・強制収容所の人間を精神的に奮い立たせるには、まず未来に目的を
 持たせなければならなかった。被収容者を対象とした心理療法や
 精神衛生の治療の試みがしたがうべきは、ニーチェの的を射た格言だろう。
『なぜ生きるかを知っている者は、どのように生きることにも耐える』」

これは言い換えると、人はたとえアウシュビッツのような極限状態に
置かれても生きがいを失わなわなければ尊厳を保って生き抜けるという
ことです。
   ≀
  (中略)
   ≀
ナチスの強制収容所から生還したフランクルは、その壮絶な体験から、
生きがいについて深く考え、人生の意味を見出し、生きがいを探求する
心理療法「ロゴセラピー」を開発します。
(ロゴセラピーとは「ロゴス=意味」+「セラピー=治療」という
 フランクルが編み出した合成語)
生きがいの最たるものは、自己の使命感の発見とライフワークの
達成でしょう。
『仕事』を表す英語の「vocation」(ラテン語の「vocation」)の
語幹となる「vocare」には”呼ぶ”という意味がある。
ドイツ語で『仕事』は「Beruf」と言い、これも”呼ばれている”という
意味の「rufen」という言葉から派生してます。
つまり、欧米の『仕事』という意味には単なる仕事というだけではなく
使命を果たすために呼ばれている天職という意味が込められているのです。


フランスの画家シャガールは1977年の90歳の誕生日に長生きの秘訣について
尋ねられて、こう答えています。

『働いて、働いて、働き抜きたいのです』

芸術家にとって、「働く」とは、創作を通じての創造的自己実現であり、
かつ喜びでもありましょう。

芸術家でなくとも、人間は一人ひとり何らかの使命があるはずです。
その使命を果たすことによって、生きがいのある人生を過ごせるのだと思います。

(仕事に対する基本的な姿勢を象徴する有名なたとえ話。
 パリのノートルダム大聖堂は完成までに約200年の年月がかかっている。
 その建設中に3人の労働者が同じ仕事に従事していた。その3人にある人が…)
ある人が、「あなたは何をしているのですか?」と尋ねました。
 一人目は「思い石を運んでいます。とても大変な仕事です」とぼやきました。
 二人目は「私は家族のために一生懸命働いています」と答えました。
 三人目は「私はノートルダム大聖堂を建てているのです」と胸を張りました。


〜心を癒す言葉の花束/アルフォンス・デーケン著 より抜粋〜


posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 08:00| Comment(0) | 伝えたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: