2016年05月30日

愛の力でシンクロ!? 〜幸運のお裾分け〜

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです

今日も素晴らしい一日をお過ごしください


常に孫との再会を心待ちにしている母を連れて京都へ行った時のこと。
目に入れても痛くないとばかりに溺愛されている孫本人はというと東京の
家族と離れホームシックになっているのでは!?という心配をよそに大いに
京都生活を満喫している様子。
遠く離れた京都という地で初めて会うせいなのか、初の一人暮らしを始めた
せいなのか1年前に会った時より随分と大人びた印象を受けなんだか
不思議な気持ちに…

そんな3人で食事をしながらお互いの近況報告をして楽しい時間を過ごしていると
突然彼女が母に「おばあちゃんお誕生日おめでとう」とメッセージカードを手渡した。
そこには元祖癒し系アイドルにゃんこ のせ猫シロの姿が。。。
IMG_2503.jpg
IMG_2501.jpg

カードにはシロが四つ葉のクローバーをあげるとあったので、私が、
出会う確率400分の1 ”幸運を呼ぶタクシー”の話をしてその場が
大いに盛り上がった!!
(この幸運を呼ぶタクシーとは三つ葉がトレードマークの京都ヤサカタクシーの
1440台中、4台しかない”四つ葉のクローバータクシー”のこと。
昔よく一緒に京都を訪れていた友人から「四つ葉のクローバータクシーはとても
珍しくて見かけると幸せになれる…」といったうろ覚えではあるがそんな内容を
2人に話した)


そして、その2日後 奇跡は起こった。


あぁ〜明日の朝には京都を離れるのか…とちょっぴり寂しい気持ちのまま
ホテルに帰るためにバスを待っていた時のこと。
突然母が「四つ葉のクローバー」と叫んだ。
振り向くとそこには……

IMG_2471.jpg

京都が大・大・大好きで10回以上は訪れている私も一度も見たことが
なかった四つ葉のクローバータクシー。
思わず写真を撮りまくる私

孫からおばあちゃんへ おばあちゃんから孫への愛がこのシンクロを
起こしたのでしょうか。。。
愛は強し シンクロニシティ―

でも、いちばん運がいいのは私ですね。
見れると思っていなかった四つ葉のクローバーを見れた私は本当にラッキー☆
そして、この幸運を皆様にもお裾分け

posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

男脳 女脳

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです


(まさに男脳&女脳だわ。。。)

これはキャリアカウンセラー仲間とのクリスマスパーティーで感じた心の声。
マヤ暦占星術を知らない男女合わせた13名にマヤ暦による本質や特徴を
まとめたメッセージをメンバー一人一人に渡し内容を説明した時のこと。

よく「相手のハートをつかむには男性には論理的に!女性には感情にアプローチ!!」
と言われますが、男女間での反応の違いをこのとき目の当たりにしました。。
何も資料の無いままに言葉だけでマヤ暦について説明したところ、
女性は「セッション受けてみたい」と目をキラキラ輝かしていた一方、
一部の男性を除き男性は「。。。」と特に反応なし。
この反応の違いは正に男脳,女脳それぞれの特質によるものでした。

イギリス・ケンブリッジ大学のサーモン・バロンコーエン博士によると
どちらかといえば男性は『システム化能力』、女性は『共感能力』
に長けていると話しています。
『システム化能力』とはあるシステムがどのように機能するかを理解する能力。
すべての物事の仕組みを解き明かす力を指します。
一方『共感能力』はと相手の気持ちに感情移入できる能力を指します。


IMG_1883.jpg
過去にインプットされていない新情報マヤ暦の仕組みを理解できれば
男性陣の「。。。」ではなく、もっと目をキラキラ輝かせてくれたかもしれません。
要は私の説明が簡潔にわかりやすいものではなかったという裏返しでもあるのですが。。。(反省)

こちらのブログにもマヤ暦を初めてな方でも理解できるよう簡潔に
マヤ暦についての情報を順次お伝えしていきます。
明日はマヤ暦占星術について,学ぶための豆知識をお伝えしたいと思います。


今日という日は“なりたい自分”に近づく一歩となる大切な日です。
”なりたい自分”を意識して今日も素敵な一日をお過ごしください


posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする