2016年06月03日

詩人 まど・みちお 100歳の言葉

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです

今日も素晴らしい一日をお過ごしください


レイトショーを観た帰り道。
急いで家に向かっている途中、ふと見上げるとキラキラ輝く星たちを見ました。
風が強い日で次から次へと雲が流れていたこともあって夜空はまるでビデオの
早送り状態のようでした。
外灯やたまたま通行する車も人影もなく、そこにはほんのわずかな明かりと
自分だけの世界に。。。
あまりの美しさに目を奪われ、道路中央で仁王立ち状態になってしまったほど。
その時、5年前の3.11の夜と同じ感覚「星ってこんなに綺麗に見えるんだ」
と感じ、ふと『宇宙の中ってどうなんだろう』と考えてしまいました。
物質的には分かっていても実際どうなんだろう……あの中に自分も行って
みたいなと単純に思った夜でした。

そんな出来事もすっかり忘れていた昨晩、ふと手にした一冊がこちら。

IMG_2507.jpg

『ぞうさん』『ふしぎなポケット』『やぎさん ゆうびん』『一年生になったら』等々
誰もが幼いころよく耳にし口ずさんだ童謡を書いた詩人 まど・みちおさんが
100歳を迎えた時の言葉(まどさんは2014年に104歳で逝去されました)

100年という年月を懸命に生きていらっしゃった人間だからこそ発することが
できる言葉の重みや謙虚さが伝わってくる一方でまどさんが100歳とは思えない
ほどエネルギッシュでフレッシュな気持ちの持ち主であったことよく分かります。
そのまどさんも“行きたいところはありますか?”との問いに……
『宇宙です。
 行けたらうれしいですねぇ。。。』

なんだから、とっても嬉しくなった私でした

とってもチャーミングな詩人 まど・みちおさんの100歳の言葉
どんな小さなものでも みつめていると 宇宙につながっている
から素敵な言葉をお贈りします☆

年老いて……

人間は、赤ん坊に生まれて年取って、もうろくして死ぬが、
一生のうち、どの部分をとっても、全部が貴重なんですよ。
「いま」がその、いちばん最後の時期。
最後には最後のね、それまでになかった魅力がありましてね。
いま、私は、お年寄りらしい最後の仕事をしているんですよ。

これからも、なんか新しいことができるんじゃないかと、
いつも必ずそれを思っています。
自分の世界は、空間的にも時間的にもごくささやかだけれども、
生かしていただいている限り、
その中には必ず何か新しいものがあるはずだ
という考えを持ち続けております。

ビッグバン以来、
宇宙はどんどん広がっているわけですが、
宇宙のはじまりのときには、まだ生きものはいなくて、
物質だけだったんです。そう思うとね、
「物」というのは、私たち生きものの親のようなものだ
といっていいのではないかと思うわけです。
『生命』というのは「物」より生まれて、
そしてやがてまた「物」へと還っていくんです。
私自身も、あなたも・・・。




posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 08:00| Comment(0) | 伝えたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

愛の力でシンクロ!? 〜幸運のお裾分け〜

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです

今日も素晴らしい一日をお過ごしください


常に孫との再会を心待ちにしている母を連れて京都へ行った時のこと。
目に入れても痛くないとばかりに溺愛されている孫本人はというと東京の
家族と離れホームシックになっているのでは!?という心配をよそに大いに
京都生活を満喫している様子。
遠く離れた京都という地で初めて会うせいなのか、初の一人暮らしを始めた
せいなのか1年前に会った時より随分と大人びた印象を受けなんだか
不思議な気持ちに…

そんな3人で食事をしながらお互いの近況報告をして楽しい時間を過ごしていると
突然彼女が母に「おばあちゃんお誕生日おめでとう」とメッセージカードを手渡した。
そこには元祖癒し系アイドルにゃんこ のせ猫シロの姿が。。。
IMG_2503.jpg
IMG_2501.jpg

カードにはシロが四つ葉のクローバーをあげるとあったので、私が、
出会う確率400分の1 ”幸運を呼ぶタクシー”の話をしてその場が
大いに盛り上がった!!
(この幸運を呼ぶタクシーとは三つ葉がトレードマークの京都ヤサカタクシーの
1440台中、4台しかない”四つ葉のクローバータクシー”のこと。
昔よく一緒に京都を訪れていた友人から「四つ葉のクローバータクシーはとても
珍しくて見かけると幸せになれる…」といったうろ覚えではあるがそんな内容を
2人に話した)


そして、その2日後 奇跡は起こった。


あぁ〜明日の朝には京都を離れるのか…とちょっぴり寂しい気持ちのまま
ホテルに帰るためにバスを待っていた時のこと。
突然母が「四つ葉のクローバー」と叫んだ。
振り向くとそこには……

IMG_2471.jpg

京都が大・大・大好きで10回以上は訪れている私も一度も見たことが
なかった四つ葉のクローバータクシー。
思わず写真を撮りまくる私

孫からおばあちゃんへ おばあちゃんから孫への愛がこのシンクロを
起こしたのでしょうか。。。
愛は強し シンクロニシティ―

でも、いちばん運がいいのは私ですね。
見れると思っていなかった四つ葉のクローバーを見れた私は本当にラッキー☆
そして、この幸運を皆様にもお裾分け

posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

心を癒す言葉の花束 第八章〜今を生きる〜

〜ありのままの自分を好きになる〜
真剣に自分の人生に向き合う人の心のサポーター
 〜ポラリス(光)への道しるべ〜 マヤ暦ソウルナビゲーターMARIです

今日も素晴らしい一日をお過ごしください


【祈りの真の意味は感謝である】
       アルフォンス・デーケン


「求めなさい。そうすれば、与えられる。
 探しなさい。そうすれば、見つかる。
 門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、
 門をたたく者には開かれる」
  『ルカによる福音書』十一章九〜十節

私達がいつも神を賛美しあがめながら、心から感謝のうちに祈りを
捧げるなら、その願いは必ず神に届きます。
ただし、それは、私達が願ったような形で実現されるとは限りません。
全く叶わなかったとしか思えないこともあるでしょう。
しかし、厳しい挫折と思えることにも、必ず計り知れない神の働きが
あるのです。
   ≀
  (中略)
   ≀
感謝とは人間として生きていくうえで基本的な態度です。
温かい人間関係を作るうえでは、感謝の気持ちを表す「ありがとう」の
一言を相手に伝えることがとても大切です。
   ≀
  (中略)
   ≀
ドイツ語では感謝するという意味の「ダンケン(danken)」と”考える”
という意味の「デンケン(denken)」は非常によく似ています。
英語でも、考えるは「think」、感謝するは「thank」で、どちらも
『何かに心を向ける』という意味の同じ語源に由来しています。
これは決して、偶然の一致ではないと思います。
人間として自分の生き方について深く考えるならば、それは自然に
周りの人への感謝、そして命を与えられたことへの感謝の気持ちに
つながるはずです。

日本語の感謝を表す「ありがとう」は「有り難う」と書きます。
これは決して当たり前のことではなくて、有ることが難しい、
まれにしかない恵みに対する感謝の言葉だと気付きます。
自分を超える大いなるものに対する、素直な畏敬の念をこめた
日本の伝統的な言葉、それが『ありがとう』なのです。

〜心を癒す言葉の花束/アルフォンス・デーケン著 より抜粋〜


posted by マヤ暦ソウルナビゲーターMARI at 08:00| Comment(0) | 伝えたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。